FC2ブログ
2008 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ベッドに戻ったご主人さまは
まゆのアナルにアナルバイブを挿入されました。

咥えたまま落とすなよ

そう言ってまゆにご奉仕の続きを命じました。

ローションがたっぷり塗られたバイブは
それだけで不安定でしっかり咥え込んだつもりでも
抜け落ちてしまいそうな錯覚を覚えます…

その上、スイッチまで入れられてしまうと
バイブのうねりが加わって…

あぁぁっ!ダメぇ…

ちゃんと咥えてないとダメだろう!

まゆが悲鳴をあげる度に
ご主人さまが奥深くまでバイブを挿入されます。

そして…

ご主人さまが手にされたのは調教用洗濯バサミの袋

!!!

フルフルと顔を振り嫌々をするまゆの乳首に
ご主人さまはお構い無しに洗濯バサミを咬ませます。

ひっ!うぐぅぅ…

無意識に逃げる身体…
でも、ご奉仕したままでは、たかだか数センチ下がるのが関の山

ほら!逃げんな!

引き戻されて右の乳首にも洗濯バサミが付けれます。

まゆは日頃の行いが良いな(笑)
両方緩い方だったじゃないか


(ご主人さまの言葉が少し残念そうに聞こえたのは
気のせいじゃないと思うのはまゆだけでしょうか…?)


アナルにバイブ・乳首には洗濯バサミをまとってご奉仕を続けるまゆは
どこからどう見てもマゾ奴隷…

そんなまゆの身体をご主人さまは弄びます。

ちょっと身体の位置ずらせ

座っているご主人さまのお顔近くへお尻を向ける
恥ずかしい格好…

勝手に逝くんじゃねえぞ。
奉仕も休むなよ。


そう言ってご主人さまはバイブを動かし
まゆのクリトリスを嬲ります。

ご主人さまの指で擦り上げられ摘まれ捏ねくりまわされる快感

口止めるな!

快感にさらわれ奉仕がおろそかになると
ご主人さまの叱責が飛びます。

まゆのために弄っている訳じゃねぇぞ
オレが楽しむために弄ってるんだ
わかってるな?感じたり逝ったりするなよ!


あぁぁ‥はい、ご主人さま…

絶頂の高みが見え隠れする中必死のご奉仕
ご主人さまはあと一歩を絶対に施してはくれません…

逝きたくて逝きたくて
出口の見えない快感に身体中が震えます

もうダメです
逝かせてください…

そう口に出しそうになった頃
ご主人さまがおっしゃいました。

アナルに挿入るぞ

急いでペ○スさまにコンドームを付け準備をさせていただきましたが
最近、全然プラグ挿入の課題をこなせていなかったまゆのアナル…
ご主人さまの大きなペ○スさまに使っていただけるか少し心配でした。

ローションを塗ったまゆのアナルに
ご主人さまのペ○スさまがゆっくりと挿入されます

痛っ…!あぁぁぁっ…

固い入り口をこじ開けられ
無理やりに押し広げられる痛み…
息が詰まるほどの激痛が走ります。

痛いか?

優しい口調とは裏腹に
ゆっくりと…でも確実に深く深く挿入されるペ○スさま…

息もつけないまゆは、
正常位で足を高く持ち上げられた恥ずかしい格好で
ただひたすら唇を噛み痛みを耐えるだけ

痛いか?まゆ?

お布団を掴み身体を引き裂く痛みに耐えるまゆに
ご主人さまは優しく話しかけます。

この痛みは罰だよ
与えられた課題をこなしていなかった、まゆへの罰だ


罰…
なんて甘美な響き…

新しい環境に上手く適応できず
奴隷の勤めも果たせないと泣き言を言ったまゆに
『疲れている時は休め』とおっしゃってくれた
ご主人さまのお気遣いを嬉しいと思う反面
心の底ではソレを消化できていないまゆ…

どんなに表面を取り繕っても
望むのは赦しではなく罰…

あぁ、まゆは罰を授けていただいているんだ…
この痛みは罰…

そう感じた瞬間、痛みは喜びに変換されます。

身体中にサァッと鳥肌がたちおま○こがキュンとなるのがわかります。

深く挿入されたペ○スさまがまゆの感じる部分を擦り
身体の奥深くからザワザワと快感が沸きあがってきます。

あぁっ!逝っちゃうぅ…

アナルでも感じて逝くのか?
まゆは変態のアナルマゾだな


いやぁ…言わないでください…
あぁ、逝くぅ…逝きますぅっ


逝け

身体の奥に感じるペ○スさまの存在感
言葉で嬲られるとろけた脳みそ

普段、ご主人さまのご命令で
逝くことを禁じられた身体は
『逝け』の一言で暴走します…

何度、アナルで逝かせていただいたのでしょうか?

いつもながら逝った回数を数える余裕は
欠片もないまゆです…

                              ・・・・・ つづく ・・・・・


ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

SM | 調教  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
思いがけず、ホテルへのお呼び出し。
急いで準備をしなければ…

ご主人さまとお会いする時には
ノーブラ・ノーパンを義務付けられているまゆ

急いで下着を外しチェニックのワンピースだけを羽織ります。
首にはもちろん首輪を着けて…


お道具を持ってお部屋へ伺うと
ご主人さまはおくつろぎなさっていました。

お道具をベッドの脇へ置いて
部屋の隅でワンピースを脱ぐまゆ…
ご主人さまの視線を痛いほど感じます。

ソファーに座るご主人さまの足元で
奴隷のポーズをとるまゆ

3週間ぶりにお会いするご主人さま…
お会いできて嬉しいはずなのに
恥ずかしくて顔を上げることができません。

ご主人さまにお会いする時はいつもそう…
あんなにお会いしたかったご主人さまなのに
まゆは恥ずかしくてお顔を見ることができないのです。


ご奉仕を命じられ
ご主人さまの股間へ顔をうずめます。

なんて幸せなんでしょう…

夢中でペ○スさまを舐め咥えできる限りの舌技で
ご奉仕させていただきます。

こうしたかったか?

ふぁい…

ペ○スさまを咥えたままお返事します。

こうされたかったか?

ご主人さまが乳首を捻りあげます。

んん!‥ぐぅぅぅっ

痛みを訴えるよりもペ○スさまへのご奉仕が優先です
ペ○スさまを咥えたまま頷くのが精一杯…

右に左に乳首を捻り摘みあげるご主人さまの指…

今にも逝ってしまいそう…

まゆ…おしっこ飲むか?

ひとしきり乳首を責めたご主人さまが不意にお尋ねになられました

はい……

ご主人さまにご聖水をいただくのはこれで2度目です。
1度目は殆ど飲むことができず、お口で受けるのがやっと…の状態でした。
それなのに何も考えず『はい』と返事をしたまゆ…
自分でも少し不思議でした。


バスルームでご主人さまの足元に正座
ペ○スさまを咥えて静かに目を閉じます。

しばらくして暖かい液体がお口の中に注ぎこまれます。

少しずつ…少しずつ…

まゆがちゃんと飲み干せるように
ご主人さまが調整してくださっているのを感じます。

コクリ…コクリ…

段々、放出されるご聖水の量が多くなってきます。
こぼさないように頑張ったのですが
やはり最後はお口から溢れさせてしまい
全部を飲みきることができませんでした…

そのうち、全部飲めるようになれよ

ご主人さまは優しく声をかけてくださいました。

                              ・・・・・ つづく ・・・・・


ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | 調教  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
サプライズ  09/28/2008  
週末、お仕事でご主人さまの住む街へ移動中の
まゆの携帯が嬉しい着メロを奏でます♪

来てるか?会えるなら出かけるぞ

!!!!!

朝、お電話でお話したときは全然そんな予定ではなくて
会えても来週…って言ってたばかりだったので
すごくビックリ!

この日は移動日でお仕事の予定がなかったので
ご主人さまに少しお待ちいただいて
会っていただけることになりました♪



最近、プライベートな悩みや
新しく始めたアルバイトが原因で
感情の浮き沈みが激しい日が続いていたまゆ。

新しいお仕事・新しい人間関係に馴染もうと必死で
毎日クタクタ…
プライベートな悩みも一向に解決の兆しも見えず
疲労が溜まっていく毎日…

そんな中で、ご主人さまにいただいた課題を
何日もこなせずに過ごしていました。


早くお傍に行きたいと
自分で始めたバイトで課題が出来ないなんて
本末転倒じゃないかって…
奴隷として失格なんじゃないかって…
全部がちゃんと出来てないとダメなような気がして…
努力が足りない気がして…

煮詰まって凹んだまゆは、ご主人さまに

こんな状態でお仕えできません…

って、突然の泣き事メール…

まゆ。
まゆは一生オレの奴隷なんだよ。
長い一生の中で、新しい環境に慣れるまでの少しの間
出来ないことがあったて
オレは気にしないし、気にする必要もないんじゃないか?
疲れてる時はちゃんと休め


お忙しい中、ご主人さまは
朝一番にお電話でお話くださいました。

ご主人さまは、けしてご無理をおっしゃる方ではありません。
まゆの事情を把握し
まゆが出来るであろう課題を授けてくださいます。

諸事情で出来なかった時でも
その時々でお休みを与えてくださったり
逆に罰を与えてくださる
そんなご主人さまです。

少し考えたらわかることでも
身体も心も疲れると、どんどんマイナス思考になってしまうんですね。

凹みがちでヘタレなまゆに
一生奴隷なんだよ…って言っていただいて、すごく嬉しかった。

ご主人さまに慰めていただいて、ちょっと泣いて(笑)少し浮上しました。



ご主人さまパワーをいただいて
お仕事に出発したら↑なサプライズメール♪

着いたらご連絡いたします

と、お返事して
法定速度ブッチ切りで(汗)車を走らせるまゆでした(笑)

到着した旨、ご連絡をして
どこへ伺えばいいのかご指示を待つ間…

まだまだお仕事がお忙しいって聞いていましたので
会えても1時間くらいかなぁ…
お散歩に連れていってくださるっておっしゃってたから
今日は初の夜のお散歩かなぁ…
なんてニマニマしながら想像していたまゆに

○○○の307に来い

え!ホテル?!
ご調教していただける?

お会いできるだけでも幸せなのに
こんな嬉しいサプライズがあっても良いのでしょうか?

                              ・・・・・ つづく ・・・・・



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | 逢瀬  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
先日、エントリーした『バナナ切り』ですが…
未だ、練習すらできないでいるまゆです (ρ゚∩゚) グスン

なぜなら!

スーパーからバナナが消えたせいですぅ…

ご覧になった方も多いと思いますが
先週末、某テレビ番組で『ダイエット特集』が放送されまして…
その中でバナナダイエットが紹介されたようなんです。

そうしたら…次の日から街中のバナナが消えました!
スーパー5件梯子してもバナナの1本も買えません 。。。。(( T_T)トボトボ

ご主人さまには事情をお話して
バナナが手に入るまで練習を先延ばしにしていただきましたが
いつになったら店頭に並ぶやら…

スーパーの店員さんに聞いても
並べたそばから無くなるそうで…
恐るべしダイエット特集 Σ(T▽T;)



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(4) | Page Top↑
幸せな時間  09/23/2008  
ご主人さまの許可をいただいて
アルバイトを始めることにしました。

少しでも早くご主人さまのお傍に行きたいな~
引越し費用を貯めたいな~

って、思ったからです。

まゆの気持ちを汲んで、快く許可してくださったご主人さま…
ありがとうございます 。o@(^-^)@o。


今日、これから初出勤のまゆですが
実は、人付き合いが大の苦手…
新しい集団に入るのが苦痛です… (((ρT-T)ρオヨヨ
慣れるまで、けっこう時間がかかるんです…

職種が嫌だとか、お仕事をしたくない訳ではないのですが
採用が決まってからチョット凹み気味の毎日でした。

不安な気持ちがグラグラして
浮上できなくって…

ご主人さまに
『大丈夫だよ』
って、言っていただきたくて…

でもお忙しいご主人さまに
まゆのわがままでお話したいとは言えず…

毎日のメールの最後に
『お話したいです』
って、書いては消して…書いては消して…の毎日でした。


そして今朝…
ご主人さまからのおはようメールは

ちょっとなら電話してもいいぞ

って!
嬉しくて涙が出ました。

電話だけでそんなに喜ぶな

って、ご主人さまはおっしゃっていたけど
まゆには本当に本当に嬉しいお電話だったんです。
不安なまゆの気持ちが伝わったのかと思ってしまいました。

そろそろ切るけど言い残したことは無いか?(笑)

あの…お話できて嬉しかったです。
アルバイト頑張ります!


おう、頑張れ!じゃぁな!

お仕事の前のお忙しい時間にお話させていただけて
おりがとうございます。

昨日までの凹み具合が嘘のようです σ(^_^;)

幸せなお時間を授けていただいてありがとうございます。



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑
休憩中のご主人さまからこんなメールをいただきました…

バナナが切れるおま○こにしたい。
オレの指示した課題で切れるようになりなさい。


∑(- -ノ)ノ エェ!?
バナナ…ですか?

まさか、皮ごとじゃないですよね…

あまりの驚きに↑なボケボケなお返事を返してしまったまゆです…

もちろん皮は剥いて…ヾ(--;)


アダルト小説なんかではよく聞く(?)バナナ切りですが…
本当にできるようになるんでしょうか?

どんな状態になったら切れてるコトになるんでしょう?

おま○こに挿入した部分が全体的に潰れちゃってちゃダメですよね…
何となく想像はできるんだけど…
そんなにキレイに切れるのか…(ーー;).。oO(想像中)


頑張って練習してみます!切れたらご褒美くださいね♪

できたらご褒美に100回連続で逝かせてやる

って…
;;;;(;・・)ゞウーン
それはご褒美?ですか?

酷いことされたいでしょ?
って意地悪く笑うご主人さまのお顔が浮かびます…



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | メール調教  | TB(0)  | CM(6) | Page Top↑
欲しいモノ  09/18/2008  
ボディピアスが欲しいなぁ…
と、最近思います。

今、まゆは耳に3つ穴が開いていて
その他にはへそピが1つ。
もちろん自分で開けたものです。

ボディピアス関連のサイトをのぞいては
アレが可愛い♪
とか
コレが素敵♪
と、一人でうっとり (∇〃)。o〇○ポワァーン♪

他のM女性のブログやサイトで
ピアス画像を見ながら
ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
とか
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
とか…


ご主人さまはピアスにそれ程、興味が無いご様子…

以前

ニップルピアスが欲しいですぅ♪

ってお話した時も

ふぅん…
邪魔じゃなきゃ良いか…


って、お返事でした…


もし、ニップルピアスを開けたとして…

まゆの乳首で今まで通りお楽しみいただこうと思ったら
絶対に邪魔になってしまいますよね…

特にホールが安定するまでは
お気の向くまま責めていただけないだろうし… =( ̄□ ̄;)⇒ガーン!
3ヶ月も4ヶ月も、ご主人さまにお気を使わせる訳にはいかないし…
どう考えても、無理っぽい…

クリピやラビピなら
ニップルよりも早くホールが安定するのかな?

どーしても欲しくなったら
おねだりしてみようかな?

…そんな事を考えながら今日もサイト巡り♪


でも、本当は…
ピアスにこだわっているんじゃないんですよね…
ご主人さまからいただけるモノでしたら何でも良いんです。
ピアスだろうが焼印だろうが刺青だろうが…
肌身離さず持っていられる何かが欲しいなぁ…



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ピアス  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑
毎日の生活の中で
ご主人さまからいただくありがたいメールの中に
一瞬、ドキッ!とする内容のメールが届くことがあります。

嬉しいドキッ!もあれば、
どうしよう…って躊躇してしまうドキッ!もある訳で…

先日いただいたメールには後者のドキッ!が含まれていました…

お出かけ中のまゆの携帯にご主人さまからの着信
(その時間にお出かけをする事はお伝えしていました)

両乳首の写真送りな

えぇぇぇぇっ!

まゆは移動中の車内です。
両乳首が写せるとなると、
着ているTシャツをかなり上まで捲くり上げなくてはなりません…
もちろんブラも…
周りには人がいっぱい…

周りに人がいて無理ですぅ…

かろうじて写せた画像を添付して
お返事したのですが…

080915_121203.jpg

ご主人さまのお許しは得られませんでした…

オレの命令は、いついかなる時でも絶対だ!
奴隷に『無理』と言う言葉は必要ない!
出来なかったまゆにはお仕置きをしなくては…


あぁ…ご主人さま…
その通りでございます…

まゆはご主人さまのご命令には絶対服従を誓った生涯奴隷です。
無理・出来ません・ダメ・嫌…
そんな言葉を発する権利は
奴隷になった時点で放棄しているのです…

ご主人さまにお楽しみいただけるよう
ご主人さまのお好きな時にお好きなようにご使用していただくために…
そう望んでお傍に置いていただいているのです。

ご主人さまの望まれる写真を撮るために
まゆは某ドラッグストアへ入りました。
ご主人さまに喜んでいただきたい…
それだけを考えて…


ドラッグストアは思いのほかすいていました。
3連休の最終日だったからでしょうか?

なんにしても、この日のまゆには好都合です。
だって、ここで露出画を撮影しようとしているのですから…


一通り店内を歩き回り
人の居ない通路へ…

心臓がバクバクしています…
冷や汗で携帯を落としてしまいそうです…

Tシャツの中でそうっとブラを捲くり上げ
機会を伺うまゆ…

通路の向こうから人が来ませんように!!!

ギュッと目を瞑り商品棚の影でパシャリ!

シャッター音が耳に響きます。

画像を確認して、しっかり保存して…
ガタガタ震える身体を抱え走るように車に戻りました。

まゆにとっては始めての露出撮影です。
露出自体経験が無いまゆにとって
眩暈がするようなひと時でした。

氷のように冷たくなった震える指で
ご主人さまにメールを打ちました。

こちらでお許しいただけませんでしょうか…?
ドラッグストアの通路で写しました…


080915_123536.jpg

中々、良い所で写したな。
今回は許してやる。


ご満足いただけたようで安心しました。


まゆはご主人さまの奴隷です。
奴隷としてだけ、生きていられたら…どんなに幸せでしょう。

でも今のまゆは常に表の日常生活がついてまわる
少し不自由な奴隷生活をしています。

そんな中でご主人さまのご命令に
忠実に従うにはどうしたら良いのだろうか…?

今回はそれを考える時間をいただけたような気がします。

最初のメールでご主人さまは『今直ぐに』とはおっしゃられませんでした。
それを何も考えず『無理』と判断してしまったまゆ…

まゆはご主人さまの何なのか…
ご主人さまに楽しんでいただくためにはどうしたら良いのか…
ご主人さまを思ってよく考えれば正解は見えてくるはずなのに…

これからは『考える奴隷』を目指して頑張ります!(笑)



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | メール調教  | TB(0)  | CM(5) | Page Top↑
奴隷の心理?  09/14/2008  
『奴隷 まゆ』を普通の女性『まゆ』としてお付き合いした場合
まゆはたぶん…
かなり面倒なタイプの女性だと思います…
 
例えば…
『どんなに忙しい時でも電話の1本くらいかける時間はあるでしょ?!』
って、思ってしまうタイプなんです σ(^_^;)

男性は女性のこう言うトコロって理解できなかったり
重く感じたりする方が多いですよね。

実際はものすご~く忙しくって、
電話なんて思い浮かばないくらい
バタバタしている時があるって言うのは
頭では理解しているんですけど…
寂しさが先行しちゃって
相手の状況まで思いやれないんです。

電話が無い→寂しい→心配になる→イライラしちゃう→八つ当たり…

悪循環ですよね~


じゃぁ、ご主人さまに対してはどうなの?
って考えた時…

ご連絡が無くても、割と平気なんです (・・?))アレ((?・・)アレ
もちろん、
『お声が聞きたいな~』
とか
『今日はメールが少ないな~』
とか…
は、思うんですが
心配でイライラしちゃうってことが無いんです。

だって、ご主人さまと奴隷…
最初から立場が対等じゃない。

まゆはご主人さまの所有物ですけど
ご主人さまはまゆの物ではありません…

だから、まゆとお話がしたい時はお電話をくださるでしょうし、
メールをなさりたければそうなさると思うのです。
すべてご主人さまのお心のまま
お好きなようになさるのが普通だと思えるのです。

まゆのご主人さまは
(たぶん)マメな方で24時間ご連絡が無い!
ってことがまだ無いので
もし、そうなった時にまゆがどう思うかはまだわかりませんが
たぶん…けっこう待てそうです。

ご主人さまをお慕いする気持ちが少ないとか…
思わないでくださいね Σ(|||▽||| )


ご主人さまとは
普通にお付き合いをしてきた男性達には感じられなかった
繋がってる感がいつもあるんです。

見えない鎖の先は
ご主人さまがしっかり握っていてくださるって
いつも感じられて安心するんです。

だから、お声が聞けなくても、メールが少ない日でも
まゆは何の心配もせず
お仕事をして、家事をこなしつつ
いただいた課題を実行し、
日々のご報告をさせていただけるんだと思います。

支配され続けられる感覚…
まゆがまゆでいられる絶対に必要な要素ですね。
もちろん、ご主人さまに!ですけど (*^^*)



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(4) | Page Top↑
9年 < ご主人さま  09/12/2008  
ご主人さまと出会った時
まゆには長くお付き合いをしている彼氏がいました。

ご主人さまと出会って直ぐの頃は、
こんな風に主従関係を結ぶなんて考えてもいなかったので
彼氏とお付き合いを続けながらご主人さまともお会いする…
そんな状態を続けてきました。

1年以上の時間が過ぎ
まゆがご主人さまと主従関係を結ぶことになった時も
まだ、まゆには彼氏の存在がありました。

彼氏の存在を知りつつ、
ご主人さまは、まゆを奴隷として迎えてくださったのです。


9年3ヶ月…
この長い長い時間お付き合いを続けてきた彼氏は
まゆのM性を否定はしませんでしたが
決して受け入れてはくれませんでした…

痛みが欲しくて
優しい愛撫を拒絶してしまう身体…
酷い扱いをされたくて
恥ずかしさを堪えて縛って欲しいと口にしたこともありました

その度に眉をしかめ
『SMは好きじゃないから!』
と、冷たく言い放たれる…

どんなに時間をかけても本当のまゆを見てくれない彼氏に
諦めと絶望を感じ、人形のように抱かれる夜…

ノーマルな男性…
そう言ってしまえばそれまでなのかもしれません。
でも、まゆは寂しかった…

M性を開放できない毎日…
満たされない心と身体…
苦しくて苦しくて、彼氏に触れられることすら
心が拒否しだしたある日…

まゆは1通のメールを送信しました…

『・・・・・・本気で奴隷として私が欲しいですか?
お遊びじゃなく、身も心も支配し続けてくれますか?』




ご主人さまと出会っていなかったら…
まゆは、9年という長い時間に囚われたまま
きっと変わらず満たされない苦しみを抱えて
毎日を過ごしていたでしょう…

奴隷誓約書を交わして1ヶ月と少し経ちました。

まゆは今ご主人さまだけのまゆです…

自分の性癖と引き換えに
彼氏との長い時を切り捨てたエゴマゾ…

そう思うと心がチクチク痛みます。



人生の中で決して短くない時間を一緒に過ごしてきたあなたに、
まゆはこんなありふれた言葉しか伝えられません…

ごめんなさい…



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑
お仕置き  09/11/2008  
ご主人さまのお言いつけで
まゆは勝手に逝くことを禁止されています。

少し前、まゆはこのお言いつけに心ならずも背いてしまいました…

日常のご報告の際、内緒にしておく…
と、いうことも出来たのかもしれませんが
奴隷のまゆにはご報告を怠る…
ましてわざとご報告しないなんて選択はありませんでした。

ご報告後、案の定ご主人さまから
お仕置きのメールが届きました。

洗濯バサミの3点責めを1時間やれ!

Y(>_<、)Y ヒェェ!
ご主人さまの言われる洗濯バサミはバネの調整をまったくしていない
未調整の洗濯バサミです…

乳首とクリトリスをその未調整の洗濯バサミで
自ら責めなければいけません…

以前、同じような洗濯バサミの課題をいただきましたが
そのときはクリトリスは緩いモノで許していただいていたのですが
今回はクリトリスも未調整のモノで責めなければなりません…

ご主人さまのご命令で自らに科すお仕置きですから
洗濯バサミで挟む以外何も起こりません。

ご主人さまに鞭をいただくことも
ご主人さまに観ていていただくことも
ご主人さまに身体を触っていただくことも…

本当に何もなく、
ただ痛みに耐える時間です…

痛みで汗が流れます
身体中を痛みが支配します
痛みで小刻みに揺れる身体…
揺れに反応してさらに痛みが襲います。

痛みで涙をこぼしながら時間が過ぎるのを待ちます。

どうして?
と、自問するまゆがいます。

離れているご主人さまにはわからないのに
どうしてこんな痛みを耐えているの?

その通りです。
ご命令を実行してもしなくても
ご主人さまにはわからないかもしれません。

でもまゆはご主人さまのご命令に忠実であろうと思うのです。
お仕置きを授けていただけることを嬉しく思うのです。

気が遠くなりそうな痛みの中で
ご主人さまだけをを思える幸せ…


1時間が過ぎ洗濯バサミを外す時間になりました…
痛みに耐える時間も、もちろん辛いのですが
まゆは洗濯バサミを外す瞬間が一番怖いです…

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
つけている時よりも外す瞬間の方が
何倍も痛いのです!

恐る恐る両乳首の洗濯バサミを外します…

!!!

息が詰まる

クリトリスはどれほどなのか…
痛みの恐怖に手が震えます…

クリトリスの痛みは乳首のソレとは比べ物になりませんでした…

くっ…あぁぁぁぁぁっ!!!

床にうずくまりしばらく動けないほどの痛み…


ご主人さまから

次に同じことがあったら2時間だからな

と、メールが送られて来た瞬間

もう二度と粗相はしない!
と、固く誓ったまゆでした。



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | メール調教  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑
  09/09/2008  
まゆには叶えたい『夢』があります。
それは、ご主人さまのお傍でお仕えさせていただきたいと言うことです。

ご主人さまとまゆはそれぞれ別の街で暮らしていますが
奴隷にしていただき、1ヶ月が過ぎ…
まゆはご主人さまのお傍で暮らしたいなぁ…と思うようになりました。

もっと便利にまゆをお使いいただけたら嬉しいなぁ…と

何かきっかけがあったわけでは無いのですが
ごくごく自然にそう思うようになりました。

いつかの逢瀬の際に

まゆが、ご主人さまの街に引っ越して来たいと言ったら…
どう、思われますか?ご迷惑でしょうか?


と、お聞きしたことがあります。

なんとお返事があるだろう…と、ドキドキしているまゆに
ご主人さまは否とはおっしゃられませんでした。

良いと思うよ。

と、優しく笑ってくださいました。

理由は聞かないんですか?

そんなのオレが居るからに決まってるだろ…

と、呆れ顔のご主人さま。

そのお顔には
『所有物が所有者の元にあって何の不思議がある?』
と、書いてありました…
まぁ、実際その通りなので何も言えないのですが… σ(^_^;)


お傍に行きたい気持ちが強まっても
実際に市外にお引越しとなると
色々なしがらみがあって当然な年代のまゆ…

お仕事のコトやプライベートなコト…
しばらく眠れない夜を過ごしていたのですが
考えてばかりいても先に進めないので
できるトコロから動いてみることにしました。

ご主人さまにその旨ご報告しましたら…

根負けするな。
決して切れるな。
そして、どれだけ時間がかかっても諦めるな。


と、暖かな励ましのメールをいただくことができました。

一つ一つ確実に…
行き着く先がご主人さまのお傍であれば
頑張れる気がします。



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(6) | Page Top↑
まゆの日常  09/08/2008  
まゆの日常はご主人さまからの
おはようメールで始まりますheart02
お仕事へお出かけ前のお忙しい時間にいただく1通のメール…

内容は、課題の取り組みへの評価だったり
悩み事へのお返事だったり
今日のご主人さまのご予定だったり
様々ですが
朝一番にまゆのことを思ってメールをくださるお気持ちが嬉しくて
胸がキュンheart02っとなってしまいます。

たまぁに

ちょっとくらいなら、電話していいぞ

って、朝からボーナスメールがあったりして…O(≧▽≦)O ワーイ♪

そんな日は一日中ご機嫌です。



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(6) | Page Top↑
スイートタイム  09/07/2008  
この週末、
出張でご主人さまの暮らす街に滞在しているまゆです (*^^*)

隣り町ですし、
お仕事で訪れる機会も多いのですが
ご主人さまが住んでいらっしゃると思うと
それだけでウキウキします♪

当然、お約束も無しに
まゆが出張に来ているからと言って
お会いできる訳ではないのですが、お傍に居られる錯覚を覚えます。

普段の120数kmの距離が一気に縮み
同じ街で同じ空気を吸える幸せ ヽ(^◇^*)/

まゆはこの1ヶ月で、
すっかりご主人さま依存になってしまったみたいです…

まぁ、ご主人さまの奴隷なのですから、
ある意味正しい姿(?)なのかもしれませんね σ(^_^;)


出張の日程は事前にご主人さまにお伝えして
いつも通り、日常のご報告メールのやり取りをしていましたら
とっても嬉しいメールが!

まゆのお仕事の合間に、
ご主人さまがお会いくださると言うではありませんか!

前回の逢瀬から1週間♪
この数週間は毎週お会いできているのです!
信じられません!
ご主人さまも、この数週間は有り得ない!っておっしゃるくらい
有り得ない頻度でお会いできています。

偶然に偶然が重なって時間が取れた

とご主人さまはおっしゃいますが
ご無理をなさっているのでは…と心配が頭をよぎります
でも、新米奴隷のまゆは『嬉しい!』感情が先だってしまいます。
まだまだですね…

プライベートなコトで凹んだまま出張に来ていたので
余計に嬉しくて!


3時間ほどの逢瀬は超がつくほどの甘い時間でした♪

久しぶりにまゆのおま○こを使っていただける喜び…
たくさん、たくさん逝かせていただいたうえに
ペ○スさまに射精までしていただいて…
本当に幸せな甘い甘いお時間をいただきました。

今日はまゆのサービスデイですね♪

って甘えたら

いつもサービスしてるだろ

って言われちゃいました。

言われてみれば…
厳しいご調教でいただく鞭も、
辛いお仕置きも全てまゆのため(=サービス)ですもんね

テレ笑いするまゆに
ご主人さま曰く

ヘロヘロにして後の仕事に支障がでたら可哀相だろ

って♪

お優しいご主人さま、大好きです♪

今日もおねだりして大好きな場所に痕を残していただきました。

080907_052656.jpg




ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | 逢瀬  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑
ヤリキレナイ気持ち…  09/05/2008  
ちょっとケイタイ取ってくれる?

ある日のご奉仕の最中に、ご主人さまがおっしゃいました。

お部屋に入った時からご主人さまの携帯電話がテーブルの上に
乗っているのは存じていましたので
ご奉仕を中断させていただいてテーブルの上から
携帯電話をお取りしてお渡しすると…

続けて

と何か操作をしながらおっしゃるご主人さま…
何だか嫌な予感…

ペ○スさまにキスをしながらご奉仕を続けさせていただいていると
ご主人さまがまゆの耳元に軽帯電話を近づけてきます。

急に元気を増したペ○スさまに
???
と思っていたまゆは
次の瞬間、あまりのショックに飛びあがりました!

携帯電話からは初めてお会いしたときのプレイ動画が
再生されているではありませんか!!

1年以上前、主従関係など考えてもいなかった頃のプレイ動画
ご主人さまに対する思いも尊敬の欠片も無かったあの頃…
二度と会う事もないだろうと思い
恥じらいすら感じずうけいれたあの日の『あの』プレイ動画…
(恥ずかし過ぎて内容は書けませんが…)

目の前が真っ暗になって
恥ずかしくて恥ずかしくてご奉仕どころではありません

嫌ぁぁぁぁ!

パニック状態で耳を塞いでうずくまるまゆに
ご主人さまは容赦無くご奉仕の続きをを命じます。

どんな状況であってもご主人さまのご命令は絶対です…
耳を塞いだ不恰好な姿でご奉仕を続けるまゆ…

1年以上前とは言えご主人さまと初めてお会いした日のことを
忘れるわけはありません。
全部覚えています…

かたく目を閉じ、どんなに耳を塞いでも、耳元で再製される動画の音が
耳に入らないわけは無く
直接動画を見なくても
あの日のあの光景が頭の中で再生されます…

3~4分がどんなに長く感じたか…


ご奉仕が終わってご主人さまは笑っていらっしゃいましたが
まゆは複雑です…

昔のまゆが映る動画を見て元気になられたペ○スさま…

目の前に座るまゆよりも
携帯に残るあの日のまゆに興奮されたのかと思うと…

当面のライバルが『あの日』のまゆ自身だなんて…



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
M女のつぶやき | ひとり言  | TB(0)  | CM(5) | Page Top↑
何度逝ったのだろう?
逝かされ続け朦朧とする意識…
逝かされ続けた身体は脱力し指1本動かすのも苦痛

途切れそうな意識の中
ご主人さまの視線を感じる

優しくまゆを見つめるご主人さま…
優しい接吻…

今日も逝きまくりだな。何回逝ったんだ?
わかりません…
わかんないくらい逝くなんてまゆは『淫乱肉奴隷』だな

『淫乱肉奴隷』…
その呼び方があまりに淫らで
無性に恥ずかしくてシーツをかぶってしまう



帰り時間も押し迫り
バスルームでご主人さまとイチャイチャ♪

お湯の中でまゆを後ろから抱きしめてくださる
ご主人さまの腕に身をまかせる幸せ…

不意に耳元にご主人さまの吐息を感じた

ひんっ…ご主人さまぁ…

耳咬まれてる…

輪郭をなぞるように舌を這わせ外耳をガブリ…
軟骨をクニクニされて
耳たぶまでハミハミされたら…
まゆの身体はもうトロトロ…

あぁぁっ…痛っぅ…やぁぁ…

後ろから抱きかかえられたまゆは何一つ抵抗できない
抱きかかえられていなくても
この甘美な苦痛には逆らえない

耳から首筋…
キスマークと呼ぶにはあまりに大胆な咬み痕

肌に擦れるご主人さまの唇の感触…
チロリと触れる濡れた舌先…
肉に食い込む歯牙…

久しく感じられなかった『咬まれる』と言う行為

もっと…もっと…もっと…!

咬んで欲しいか?

首筋に歯を立てながらご主人さまが問う

はい…咬んで・・欲しいです…

ギリギリと肉に食い込む感触にたまらなくなって叫ぶ

あぁぁぁっ…お願いします!もっと咬んでください!

もうあまりお時間が無いにもかかわらず
まゆの手を引いてバスルームを出るご主人さま

来い!少し咬んでやる。

ベッドに投げ出され
うつ伏せのまま押さえつけられ容赦なく咬まれる

耳…首筋…肩…腕…背中…お尻…

痛みに発情したまゆの身体は
どこを咬まれても快感しか感じない
蕩けた脳は痛みを痛みと認識しない

咬まれるたび跳ねる身体
咬まれるたび潤むおま○こ

ご主人さまぁ…逝きますぅっ
ああ、逝け!

何も考えず痛みに身をまかせる

さっきまでご主人さまの手で強制絶頂を強いられていたのに
どうしてまだこんなに逝けるんだろう…

知らず知らずまゆの指はクリトリスを嬲る

ご主人さまに咬んでいただきながら
勝手にこんなこと…

何弄ってるんだよ。やらしい奴だな
あぁん…やらしくて…ごめん・・なさいぃ…

でも指が止まらない

ホントに肉奴隷だな
はぃ…まゆはぁ…ご主人さまの肉奴隷ですぅっ…

そう言ってこの日最後の絶頂を迎えた…



身支度を終えて
ご主人さまが痣になった二の腕を気にしてくださった。

だいぶ、痕ついちゃったな
大丈夫です♪嬉しいです♪

大好きな二の腕を出しておねだりしてみる

最後にもう一回咬んでいただけませんか?
ホント咬まれるの好きだよな…

呆れ顔のご主人さまをよそに
まゆはご機嫌♪

ご主人さまに咬んでいただいた後

ちょっと咬んでみ

と言うご主人さまのお言葉で
まゆもご主人さまの二の腕をカプリ♪

感想は…

オレは痛いの好きじゃないなぁ

思わず噴出してしまったまゆでした♪



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | 調教  | TB(0)  | CM(9) | Page Top↑
もう、どれほどの時間が過ぎたのだろう…
手を伸ばせばそこに甘い蜜があると言うのに
指が届く寸前でお預けを強いられる…

快楽が地獄…
身体に澱のように溜まる熱…

どんなに身体をくねらせても
どんなに淫蜜を滴らせても
声の限りに懇願しても

ご主人さまが一言
『逝け』
と、おっしゃられない限り開放されないまゆの身体…

お仕置きが怖い…
でもそれだけじゃない

奴隷…玩具…
呼び名はなんでもかまわない
ただ、ただ、ご主人さまの望むモノでありたい…

蝋燭に嬲られあられもない声を上げながら
身体は反射的に逃げを打つ
逃げる身体を自ら差し出す快感
まゆは支配される喜びに酔いしれる

逝けない辛さが支配される喜びに変わる…

半ば朦朧とした意識の中

アナルパールを引き抜かれ
唐突にバスルームに引き立てられる。

膝がガクガクして上手く歩けない…

床に座り込むまゆの後ろで
ご主人さまが張り付いた蝋を落としてくださる。

ただそれだけの行為にも
まゆの身体は反応し快感を呼び起こす

蝋に焼けた肌は敏感で、
ご主人さまの指が肌を掠めるだけでゾクゾクが止まらない。

何感じてるの?
だって…ご主人さまの指が…
しょうがない奴だなぁ、自分で流して来なさい。

バスルームを出るご主人さまを見送って
ヨロヨロとシャワーを浴びる。
張り付いた蝋はご主人さまが粗方取り除いてくれていた。

お優しい…
と、心からそう思う

残った飛沫をシャワーで流しベッドに戻ると
ご主人さまが奉仕を命じられた。

今日、初めて触れるご主人さまの身体
股間に顔をうずめる
ご主人さまの匂いにホッとする

身体の疼きが治まった訳ではないけれど
ご奉仕に集中

ペ○スさまにキスをして…丁寧に丁寧に舐め咥え吸い上げる
アナルも袋も全部…

まゆのフェラチオ、大分好きになってきたなぁ

奉仕するまゆを見つめながらご主人さまがおっしゃる。

好きになっていただけて嬉しいです♪
見えない尻尾をブンブン振りながら
もっともっと気持ち良くなっていただきたくて…
本当はまゆがずっとずっとお口にいただいていたくて…
夢中でご奉仕

途中で一度、騎乗位で挿入させていただいてから
また、お口でご奉仕…

まゆはまだお口のご奉仕だけで
ご主人さまに逝っていただくことは出来ない未熟者です

ご主人さまにお情けをいただいて
手も使わせていただいて、やっとやっと…
精飲させていただけました。

ご主人さまの脇の下に潜り込んだまゆの髪を
優しく撫でてくれるご主人さま。

よく頑張ったね。ご褒美に逝かせてあげるよ

ご主人さまの指がまゆのクリトリスを弄びます。

触れられるだけで跳ねる身体
逝くのは一瞬…

溜め込んだ熱が一気に放出される

でもそれは新たな地獄の始まり…

ご主人さまがご満足なさるまで何度でも逝かされる

まゆの歳の数だけ逝けよ

だったり

今日は○十回だな

だったり…

それは快感を通り越して苦痛以外の何者でもない
身体を押さえつけられ敏感なクリトリスを嬲り続けられる…
何度も何度も何度も繰り返し逝かされる…

泣いて何度許しを懇願しても許されず、
何度も逝き反り返る身体を抵抗させてみても力ではかなわず
せめて逝き続けを避けようと必死で身を捩っても
次の瞬間には体が深く逝く準備をしてる…

その時はまさに生き地獄…
逝き地獄…

                              ・・・・・ つづく ・・・・・



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | 調教  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
あと少し…
もう一歩の刺激…
逝くことしか考えられなくて
身も心も逝きたい衝動を抑えられなくなった頃…
ご主人さまはおもむろにまゆの身体をひっくり返しました。

四つん這いいになれ

快感で震える身体を引きずるように
四つん這いになりました。

ご主人さまにお尻を向ける恥ずかしい格好…
先ほどまでご主人さまの舌で責め嬲られたおま○こも
アナルも丸見え

今日は良いモノがあるからな♪

と、おっしゃられながらお道具バッグをゴソゴソ…

逝きたくて逝きたくてどうしようもない身体を放り投げられ
呆然とするまゆにご主人さまはおっしゃいました。

オレ疲れたからコレで遊んでな

アナルにローションがたらされアナルパールが押し入ってきます。

ひぁぁ…あぅぅぅっ…

1つ・・2つ…3つ…
いくつ目のパールまで押し入れられたのでしょう
お腹が重く苦しい…
それなのに中の敏感な箇所をパールが擦る…

まゆの恥ずかしいアナルがヒクついているのがわかる…

そのうえおま○こには太いバイブレーターが!

い・痛っ…くぅっ…

パールできつくなったおま○このに容赦なく挿入される
バイブレーターは正直辛い
中の薄い粘膜が引き攣れるように痛む
振動とうねりがまゆの中をかき回す…

ベッドに顔をうずめただ痛みに耐える

ライターの音が聞こえタバコの煙の香りが届く
ソファーに座っているであろうご主人さまの視線を感じる

どんな風に見えていらっしゃるんだろう…
四つん這いでお尻を突き上げ
尻尾を生やしバイブレーターを咥えた卑猥な姿…
苦痛を感じながら
苦痛の先に見える甘い快楽を待ちわびてクネル腰

責めることを止めずに
上手にまゆの沸点を下げてしまうご主人さまを
少し恨めしく思ってしまった頃
おま○このバイブレーターが引き抜かれました。

あっ痛ぅ…
痛かったか?
はい…痛かった・・で・・す…
そうか…それにしてもやらしい格好だな尻尾が生えてるぞ

まゆのお尻を撫で回しながら
パールを1粒ずつ引き抜いたり戻したり

アナルの入り口を擦られる感触に冷めた身体に熱が戻る
くちゅくちゅとローションが音を立てて
パールの刺激が全身に鳥肌をたてる…

ひいぃぃぃっ…

突然、心臓が止まるほどの刺激が与えられた

刺すような痛みと続けて広がる熱の余韻…
蝋燭だ

逝くんじゃねえぞ!

ポタリ・ポタリと落とされると思えば
溜めた蝋をツーッと一気に流される
まゆの大きなお尻が蝋涙で赤く染まる

ひいぃぃぃっ…いやぁぁ…

熱の余韻を逃すため
ギュッと握り締めたシーツ

敏感なアナルに落ちる蝋涙の刺激に
四つん這いの身体が弓なりにしなる…

ガクガクと震える身体…

痛くて酷いことをされるのが好きなまゆの身体
鞭が好き・蝋燭が好き…
苦痛の先に甘い甘い蜜があるのを知っているから

逝きたい…
逝っちゃう…

声に出そうとする前に

まさかこれくらいで逝くんじゃないだろうな?

と、ご主人さまの渇が入る

そ・・んなぁ…ひぁぁぁ…

逝きたがりのまゆの身体
快感に弱く堪え性がない身体
そんな恥ずかしい身体をご主人さまにコントロールされる

逝かせたければ逝かせ
逝かせたくなければ逝かせない

単純に全てご主人さまのお気持ちしだい

                              ・・・・・ つづく ・・・・・



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | 調教  | TB(0)  | CM(2) | Page Top↑
足を開いて前に立て。
腕は後ろに組んでおけ…


そう言ってご主人さまはソファーに座ったまま
まゆのクリトリスを弄び始めました。

いつもは足元に跪きさせていただく
ご調教前のご挨拶もこのまま言うようにご指示されました。

いつもと違う始まりに動揺するまゆ…

でも、
どう始めるか
どうまゆを扱うか
どうお楽しみになるか…
全てはご主人さまの自由です。

まゆはそれに従うだけ…

真っ裸で赤い首輪を着け
大股を開いて腕を後ろに組んだ格好で
ご主人さまにクリトリスを弄っていただいているまゆは
いったいどんな風でしょう…

ご主人さまの指にあわせてユラユラ揺れる腰
まだ触れられてもいないのにツンと自己主張を始めた乳首…
恥ずかしい身体です…

勝手に逝くなよ。あと、声も出すな。
そ・そんなぁ…あぁっ…
命令だよ。静かに立ってろ。

オナニーを禁止されてご主人さまのご指示がなければ
逝けないまゆは最近、ひどく敏感です。

こうして、ほんの少しご主人さまに弄っていただけるだけで
本当は直ぐにでも逝ってしまいそうなのに…

返事は?
はぃっ…勝・手に…逝きません
いい子だね。

そう言ってご主人さまはまゆの乳首を捻りあげます。

ひぃっ…
静かにしてろって言っただろ?

ご主人さまはもう一方の乳首も捻りあげます。

まゆはもう無言でうなずくだけ。
荒い呼吸をする以外なにもできません。

『感じているのに声を出せない』

辛いご命令です。
快感が出口を求めて身体中を駆け巡る
そして、出口を塞がれた快感は
身体の中で数倍にも膨れ上がる

ご主人さまは気まぐれに乳首を捻り、引き伸ばし
クリトリスを擦りあげる…

クチュクチュと恥ずかしい音が響き
音がまゆを責め立てる…

膝がガクガクしてまともに立っていられない…
流れた汗で床が滑る…

立っていられなくなって崩れ落ちたまゆに
ご主人さまはベッドに上がるように
ご指示をだされた。

早く移動しなければ…
そう思うのに足が震えて思うように進めない

やっとベッドにたどり着いたまゆを
ご主人さまは仰向けに寝かせ間髪おかずに責め続けた

しかもご主人さまのお口で!

いやぁ…ダメですぅ…

散々指で擦られ続け敏感になったまゆのクリトリスを
今度はご主人さまの濡れた舌がゆっくり舐め・吸い…そして咬みます

まゆはお口での責めにとても弱いのです。
もう、声を抑えることが出来ません。

ご主人さまぁ…こ・え…ダメぇ…
勝手に逝くなよ!

絶頂の高みが見え隠れする中
ご主人さまのご命令に必死に応えようと思うのですが
快感に飢えたまゆの身体はあっさり心を裏切りそうになります。

チロチロと舐められ
跳ね上がるまゆの身体…

吸われ・咬まれ悦楽に流されるまゆの身体…

でも、ご主人さまは後一歩のところで
責めの手をお止めになります。

勝手に逝くな!とご命令され

どうした?辛そうだな?

と優しくおっしゃるご主人さま。

快感の淵にまゆを追い詰めながら

ずいぶん余裕がないけど、大丈夫か?

と意地悪を言われるご主人さま。

逝けない辛さ…逝きたくて逝きたくてガクガク震えるまゆの身体…

もう…もう…
まだまだ我慢できるだろ?

逝かせてくださいともお願いできないように先手を打たれる

                              ・・・・・ つづく ・・・・・



ブログランキング参加中です♪
    ↓↓↓↓↓
  
SM | 調教  | TB(0)  | CM(4) | Page Top↑

プロフィール

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

奴隷になって…

FC2ブログランキング

カレンダー

リンク

「北海道SM推進委員会」

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード